ブラシのメンテナンス方法メンテナンス方法

ブラシのメンテナンス方法


アートブラシのメンテナンス方法

アクリル絵の具を使用した場合の筆

@こまめに水洗いする
穂先についた絵具をペーパータオルなどで拭き取り、毛の根元まできれいに水洗いしてください。
※使っているうちに、絵具が毛の根本の金具部分に入り込む事があります。 そのまま放置すると、根元に残った絵具が固まり、毛が根元から開いてしまう等の原因となりますので、使用中はこまめに水洗いをして下さい。

A使用後は石鹸で手洗い
1.石鹸を手でよく泡立て、手のひらに筆を軽く押し当てて前後に動かします。 ※筆専用のクリーナーやハンドソープを使用して洗うことも可能です。

2.毛の根元を指の腹でつまみ、やさしく揉みほぐすようにして、毛の根元まで泡立てた石鹸を浸透させます。
3.水ですすぎ洗いします。これを、色が出なくなるまで繰り返してください。
4.ペーパータオルなどで余分な水分を拭き取り、穂先の形を整えて、自然乾燥させて保管して下さい。

※筆を水に浸けたまま放置しないでください

筆洗器などの底に穂先がついたまま放置すると、穂先にクセがついたり、毛が傷む原因となります。

穂先にクセがついてしまったら…
ある程度のクセがついた場合や、毛先が跳ねている場合、熱湯に数秒間つけることで元に戻ります。
熱湯に2-3秒間つけた後、穂先の形を整えて自然乾燥をさせてください。

※ひどくクセがついたものや、毛がカールしているものは元に戻りませんので、新しい筆に交換してください。
※コリンスキーなどの天然毛は熱に弱いため、熱湯に浸けると毛が傷んでしまうので避けてください。

スカルプブラシのメンテナンス方法

スカルプチュア筆の場合

@こまめに洗浄する
毛先についたミクスチャーは、リキッドでこまめに洗い落してください。 ※ミクスチャーがついたまま放置すると、すぐに固まってしまいます。

A穂先を整えて保管する
ペーパータオルなどでリキッドを軽く拭き取り、穂先の形を整えてブラシキャップを装着して保管して下さい。
※穂先の形を整えずに保管すると、乾いたあと毛先が開いてしまいバサバサの状態になってしまいます。

●ミクスチャーが固まってしまったら…
毛先についたミクスチャーがガチガチに固まってしまったら、 「ブルーシュ ブラシクリーナー」を使って固まったミクスチャーを取り除いてください。

ブルーシュ
ブラシクリーナー
【内容量120ml】

アクリル専用の水溶性タイプのブラシクリーナー(剥離剤)です。 アクリル絵具やミクスチャーで固まったブラシをほぐしたり、ベタつきを取り除く効果があります。
※ナイロンなどの化学繊維製の筆を長時間浸けると、毛が傷む可能性があります。
組成:二塩基酸エステル、グリコール類

ブルーシュ ブラシクリーナーのご使用方法

@クリーナーを入れた容器に、穂先が底に着かないように割り箸などで固定させて、30 分間浸けおきます。

A硬くなった筆に使用する際は、穂先にクリーナーをたっぷりとつけてアルミホイルで包み、絵具やミクスチャーが柔らかくなるまで置きます。

B柔らかくなっていたら、布等で絵具やミクスチャーを取り除きます。※一度で取り除けない場合は、A、Bを繰り返し行ってください。

C穂先を水で十分に洗い流してください。
※天然毛は熱に弱く温度によっては毛が曲がってしまう事があるため、お湯の使用は避けてください。リキッドの含みも一時的に悪くなってしまいます。

フルーリア
ブラシトリートメント
【内容量50ml】

スカルプチュアブラシのメンテナンスに使用します。ミクスチュアで固まってしまった筆や、パサつきが気になる筆にご使用ください。 トリートメント剤を落とす際は必ず、フルーリアアクリルリキッドをご使用ください。

スカルプチュアブラシ メンテナンス
〜フルーリアブラシトリートメント使用編〜
ミクスチュアの影響で、
筆が固まってしまった場合

フルーリア スカルプチュアブラシ(キャップ付)グリーン

フルーリアのパウダー・リキッドの混合比に合わせた毛丈や毛量にしました。繊細なタッチが可能で美しいスマイルラインができます。毛先のまとまりが良く適度な弾力があります。
毛丈:21mm / 全長:153mm / 毛質:スーパーコリンスキー

フルーリア デザインスカルプチュアブラシ(キャップ付)

適度な毛量と弾力のある穂先は、繊細なデザインを可能にし、エンボスや3Dアートに最適です。
毛丈:10mm / 全長:163mm / 毛質:スーパーコリンスキー

フルーリア スカルプチュアブラシ(キャップ付)イエロー

程よいコシがより繊細なブラシワークを実現しスマイルラインを更に美しく作ることができます。 コンテストシーンにも最適です。
毛丈:19mm / 全長:151mm / 毛質:スーパーコリンスキー

新しいスカルプチュアブラシ筆のおろし方
ブラシを大切に使っていただくために定期的なケアをお勧めいたします


@優しく指で毛先をほぐしていきます
Aブラシを回しながら、全体的にほぐしていきます
B毛先を軽く叩いて、のりを落とします
C毛先が丸くなったのを確認します
Dダッペンディッシュに少量のアクリルリキッドを入れます
Eブラシをアクリルリキッドですすぎます
Fペーパーで拭き取ります
Gすすいだアクリルリキッドは全て捨ててください
HD〜Gを繰り返します
I施術を行う際は、新しいリキッドを入れて行います

ジェルブラシのメンテナンス方法

ジェル筆の場合

@こまめにジェルを拭き取る
使用中、筆についている余分なジェルは、ペーパータオルの上で穂先を滑らせるようにして、こまめに拭き取ってください。
A使用後はジェルを少し残すようにして拭き取る
使用後は穂先をペーパータオルの間に挟み、やさしく絞り出すようにしてジェルを拭き取ります。


※穂先に少しのジェルが残っていると、次に使用する際に扱いやすくなります。また、まとまりやすいのでブラシキャップに装着しやすく、毛のパサつきを防ぐこともできます。

★カラージェルやラメ粉が取れにくい場合は…
ダッペンディッシュに少量のクリアジェルを入れ、その中ですすぐようにして洗い落としてください。


Bブラシキャップを装着して保管する
穂先の形を整え、光が当たらないように必ずブラシキャップを装着して保管してください。 ※日光や蛍光灯に当たるだけでも、ジェルが付着したブラシは固まってしまうのでご注意ください。

★ブラシの保管方法
毛先を保護するためにブラシに合ったキャップを装着して、筆先を下に向けてブラシスタンドなどに立てて保管してください。

※購入時の透明キャップの継続使用はしないでください

お買い上げの際に付いている透明のキャップは、お手元に届くまでの簡易包装のものです。筆をおろした後は使用しないでください。穂先についたリキッドと反応して溶けたり、毛を巻き込むことがあります。


PAGE
TOP